読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試合序盤でのデッキの種類の見分け方 : 対エルフ (2016年11月版)

勝率に大きく影響する

相手が使っているデッキの種類をなるべく早い段階で見分けることは勝率に大きく影響します。デッキの種類を見分けることで、相手の勝ち筋や警戒すべきカード、1ターンで出せる最大火力が予想できるからです。

1枚カードを見ただけで見分けられることもある

各クラスの主要なデッキの多くは、そのデッキでしか採用されていないカードが存在します。特に、アグロデッキとコントロールデッキは1~2コストのカードの構成が大きく異なることが多いので、いきなり1~2ターン目に見分けられることも珍しくありません。

序盤のカードからデッキの種類を見分けていく

試合序盤のカードからデッキの種類を見分けるポイントを紹介します。今回は対エルフ編です。説明が長くなるので、ここでは各デッキ自体の説明は入れていません。

対ビショップ編はこちら

ガードの画像やカード名のリンク先は、デッキ作成支援用の公式サイト「Shadowverse Portal」のカードの説明ページです。

対エルフ

予想するデッキの種類

  • テンポエルフ(アグロエルフも含む)
  • 冥府エルフ
  • コンボエルフ

エルフの場合、序盤に出てくるカードの種類だけでなく、盤面に出すフォロワーの数によってデッキの種類を推測できます。

冥府エルフの場合は、手札に多くのカードを保持しておくことで優位に戦えるので、必要最小限のフォロワーしか盤面に出さないことが多いです。

それに対してテンポエルフやコンボエルフは、盤面に出ているフォロワーの攻撃力を上げる手段を採用しているので、盤面にフォロワーを展開してくることが多いです。

1PP

ウォーターフェアリー
ウォーターフェアリーテンポエルフ率 +15%
最近は冥府エルフにウォーターフェアリーを採用しない構築が多くなっています。

ゴブリン
ゴブリン : テンポエルフ率 +99%
序盤の動きをより重視した構築のテンポエルフ(アグロエルフと呼ばれていることもあります)はゴブリンを採用しています。

2PP

ベルエンジェル
ベルエンジェル冥府エルフ率 +20%
新たなる運命を早めに引くことで弱い手札を入れ替えたり、冥府への道の発動を早めたりしたいので、冥府エルフでベルエンジェルが採用されていることがあります。

新たなる運命
新たなる運命冥府エルフ率 +99%
冥府エルフの代名詞的なカードです。冥府への道を採用せず、手札を入れ替えるためだけに新たなる運命を入れている構築もまれに存在します。

メタルエルフメイジ
メタルエルフメイジコンボエルフ率 +70%
コンボエルフ自体ほとんど見かけなくなりましたが、メタルエルフメイジが出てきたらコンボエルフと考えられます。

ダンジョンフェアリー
ダンジョンフェアリーコンボエルフ率 +70%
リノセウスコンボのチャンスを増やしたり、ベビーエルフ・メイメタルエルフメイジブレスフェアリーダンサーエルフの少女・リザクリスタリアプリンセス・ティアフェアリービーストを使い回したりすためにコンボエルフで採用されていることがります。

ブレスフェアリーダンサー
ブレスフェアリーダンサーテンポエルフ/コンボエルフ率 +70%
ブレスフェアリーダンサー風神エルフナイト・シンシアが出てきたら基本的に冥府エルフではないです。

エルフの少女・リザ
エルフの少女・リザテンポエルフ/コンボエルフ率 +5%
エルフの少女・リザ自体は多くのエルフデッキで採用されていますが、冥府エルフでの3枚採用は少ないです。よって、「2ターン目に」リザが出てくる可能性は冥府エルフ以外のデッキの方が少し高いです。

4PP

冥府への道
冥府への道
 : 冥府エルフ率 +99%
4ターン目に冥府への道を置くこともありますが、フォロワー展開やリノセウスコンボの邪魔になるので、発動できる瞬間まで冥府への道を場には出さないのが基本になります。

相手が早い段階で冥府への道を置いた場合は、複数枚の冥府への道新たなる運命が同時に手札に来てしまった場合や、そのターンにできる動きがそれ以外になかった場合など、何らかの事故が発生していると推測できます。

5PP

風神
風神テンポエルフ/コンボエルフ率 +80%
ブレスフェアリーダンサー風神エルフナイト・シンシアが出てきたら基本的に冥府エルフではないです。

死の舞踏
死の舞踏テンポエルフ率 +50%
手札の枚数を多く保てることが少ないので、テンポエルフでは森の意志ではなく死の舞踏が採用されていることが多いです。

森の意志
森の意志 : 冥府エルフ率 +50%
手札の枚数を多く保つのが基本となる冥府エルフでは森の意志の効果を最大限生かしやすいため、採用されていることが多いです。