読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試合序盤でのデッキの種類の見分け方 : 対ビショップ (2016年11月版)

序盤のカードからデッキの種類を見分けていく

試合序盤のカードからデッキの種類を見分けるポイントを紹介します。今回は対ビショップ編です。説明が長くなるので、ここでは各デッキ自体の説明は入れていません。

対エルフ編はこちら

ガードの画像やカード名のリンク先は、デッキ作成支援用の公式サイト「Shadowverse Portal」のカードの説明ページです。

対ビショップ

予想するデッキの種類

  • 疾走ビショップ
  • エイラ(セラフ)ビショップ
  • セラフビショップ
  • 陽光サタン/セラフビショップ
1PP

詠唱:白翼への祈り
詠唱:白翼への祈り : 疾走ビショップ率 +80%
疾走ビショップであることを初手で教えてくれる、名刺代わりのカードです。

詠唱:聖なる願い
詠唱:聖なる願い
ほとんどのビショップデッキに採用されているので、このカードだけではデッキの型が分かりません。

ただ、1コストのカードが2種類採用されているのは基本的に疾走ビショップだけです。よって、詠唱:聖なる願い詠唱:白翼への祈りか迷ってから詠唱:聖なる願いを出したようであれば、疾走ビショップと予想することもできます。もしくは、迷ったふりをして疾走ビショップに偽装できなくもないです。

2PP

ユニコーンの踊り手・ユニコ
ユニコーンの踊り手・ユニコ : エイラ(セラフ)ビショップ率 +30%
ユニコが出てきたら基本的にエイラビショップですが、アグロ/フェイスデッキが流行している時には疾走ビショップでの採用もありえます。

疾走ビショップは意外と構築の幅が広いデッキで、攻撃性能を追求した構築と、防御性能を追求した構築で性格がだいぶ変わります。

スネークプリースト
スネークプリースト : 疾走ビショップ、セラフビショップ、陽光サタン/セラフビショップ率  +20%
環境的にアグロ/フェイスデッキが流行している時にはスネークプリーストが疾走ビショップで採用されることもあります。守護を持ち体力が3あるので、エルフのフェアリーやヴァンパイアのフォレストバットの対処に向いています。

エイラビショップでは2コストの枠は回復能力のあるカードを優先したいので、スネークプリーストが採用されることは少ないです。

ラビットヒーラー
ラビットヒーラー : エイラ(セラフ)ビショップ率 +90%
ラビットヒーラーは、ダークネス・エボルヴがリリースされる前はゲーム中で最も存在価値のない部類のカードとして扱われていました。現在は、2コストでエイラの祈祷の効果を発動しつつ場にフォロワーを残せるということで、活躍の機会が一気に増えました。ゲームリリース時から存在しているカードで、ダークネス・エボルヴによって最も評価が高まった部類のカードといえます。

アーデントシスター
アーデントシスター : 陽光サタン/セラフビショップ率  +10%
ミッドレンジロイヤル全盛期、ロイヤル先攻で2ターン目にヴァンガード不屈の兵士歴戦のランサーを置いて、3ターン目にフェンサーで+1/+1して相手の2コストフォロワーを一方的に破壊する強い動きがよく見られました。アーデントシスターは、相手のターン中は3/2になるので、その動きに対抗できる2コストフォロワーとして採用されることがありました。

マイニュ
マイニュ : 疾走ビショップ率 +30%
強力な効果である「相手の能力で選択できない。」を持ち、特に対ウィッチ戦で活躍します。最近は、ウィッチのデッキにゴーレムの練成に加えて古き魔術師・レヴィが2~3枚採用されていることが多いので、昔ほど一方的にマイニュでウィッチを殴り続けることは難しくなりました。

疾走ビショップが登場したばかりの頃は、序盤の詠唱:白翼への祈り詠唱:聖なる願いに対して虹の輝きを使ってしまうウィッチが多かったです。最近は、虹の輝きで着実に詠唱:獣姫の呼び声を返していく戦術が徹底されてきて、疾走ビショップでも意外と超越ウィッチの超越に間に合わないことが出てきています。

天界の忠犬
天界の忠犬 : 疾走ビショップ率 +30%
アミュレットから出てきた疾走フォロワーを進化させて相手のリーダーを殴りつつ、天界の忠犬の能力を発動させて守護を付けるのは疾走ビショップの基本かつ強い動きです。

ほかに出せるカードがなくて2ターン目に天界の忠犬を出す場合も、2コスト2/2フォロワーとして問題なく活躍できるのが良い点です。

僧侶の聖水
僧侶の聖水 : エイラ(セラフ)ビショップ率 +90%
2ターン目に僧侶の聖水が使われたら、エイラの祈祷がまだ引けてなくて、詠唱:獣姫の呼び声も手札になくて、3コストのカードも引けていない可能性があると推測できます。

守護の陽光
守護の陽光 : 陽光サタン/セラフビショップ率 +99%
守護の陽光を主軸に粘るタイプのデッキにランクマッチで遭遇する可能性は現状1%以下といえます。とはいえ、詠唱:獣姫の呼び声によるビショップデッキ全般の強化を利用でき、試合中盤以降は次々と守護フォロワーが出てくる可能性があり、テミスの審判での盤面リセットも当然採用しているので高い防御力を誇ります。

天敵である超越ウィッチに対抗するためにマイニュホーリーフォックス・グリモー、さらに徹底するとシュラインナイトメイデンまで入っていることがあります。また、冥府への道に対抗するためのエクスキューションや、封じられし熾天使冥府への道に対抗するためのオーディンが採用されている可能性があります。

詠唱:神域の守護者
詠唱:神域の守護者 : 疾走ビショップ率 +10%
エイラビショップでは回復能力のあるカードが優先されるので、エイラビショップ以外の構築である可能性が高まります。 

3PP

見習いシスター
見習いシスター : エイラセラフビショップ、セラフビショップ率 +30%
疾走ビショップで使うにはやや弱いので、封じられし熾天使用に入れられていると推測できます。

スレッジエクソシスト
スレッジエクソシスト :  セラフビショップ率 +40%
鉄槌の僧侶の進化行動では手が届かない敵フォロワーを除去するために、主にセラフビショップで採用されています。

相手がエイラセラフビショップではなくセラフビショップなら、相手はこちらのリーダーを殴る必要がなく、盤面の除去に徹してきます。こちらも相手のフォロワーを可能な限り無視して相手のリーダーの体力を減らし、8ターン目に封じられし熾天使を置かせないようにプレッシャーをかけましょう。

ヒーリングエンジェル
ヒーリングエンジェル : エイラ(セラフ)ビショップ率 +90%
2ターン目にラビットヒーラーを出すのはやや弱いですが、3ターン目にヒーリングエンジェルを出すのは弱くはないので、エイラの祈祷が引けていなかったり、対アグロデッキでエイラの祈祷を3ターン目に置いている場合ではないときにはヒーリングエンジェルが出てきてエイラ(セラフ)ビショップであることが分かるパターンになります。

治癒の祈り
治癒の祈り : エイラ(セラフ)ビショップ率 +50%、セラフビショップ率 +20%
封じられし熾天使用に入れられていると推測できます。

疾走ビショップ
詠唱:神鳥の呼び笛 : 疾走ビショップ率 +80%
詠唱:白翼への祈り詠唱:神鳥の呼び笛は疾走ビショップの特徴的なカードです。

エイラの祈祷
エイラの祈祷 : エイラ(セラフ)ビショップ率 +99%
1ターン目に詠唱:聖なる願い、2ターン目に詠唱:獣姫の呼び声、3ターン目にエイラの祈祷とやられると嫌な予感がします。

4PP

ウルズ
ウルズ : 疾走ビショップ率 +40%
次のように、疾走ビショップで採用されているウルズには多様な使い道があります。

  • アミュレットから出てきた疾走フォロワーを再行動させる。8PP以上使える時には壮麗なる隼ウルズ×2で再行動させて、相手リーダーを3回殴って9ダメージ与えることも可能です。
  • ファンファーレでステータスが上がるタイプの敵フォロワー(エンシェントエルフ太古の森神プルート)のステータスを初期値に戻して処理する。
  • ファンファーレで守護を獲得するタイプの敵フォロワーの守護を外して相手リーダーへの攻撃を通す。
  • 進化後の鉄槌の僧侶が次の自分のターンまで死なずに盤面に残っていたら、攻撃させてからウルズで初期状態に戻して、もう1回進化行動で盤面の整理に使えます。

詠唱:死の宣告
詠唱:死の宣告 : セラフビショップ率 +80%
5ターン目に詠唱:獣姫の呼び声(8ターン目にフォロワーが出てくる)、6ターン目にテミスの審判など、7ターン目に詠唱:死の宣告、8ターン目に封じられし熾天使というのがセラフビショップの中盤以降の一つのパターンになります。