読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カードパック第3弾「バハムート降臨」で冥府エルフ、超越ウィッチは遅くなるか

シャドウバースの3人の門番

普通のデッキは、盤面にフォロワーを並べて相手のリーダーを倒すのを目指します。それに対して盤面の取り合いに参加せず、特殊勝利を実用的に狙えるデッキが三つ存在します。冥府エルフ、超越ウィッチおよびセラフビショップです。

この三つのデッキは、シャドウバースの戦いにおけるターン数の門番として大きな影響力を持っています。

2016年12月29日にリリース予定のカードパック第3弾「バハムート降臨」において、これらの特殊勝利系デッキがどうなるのか予想していきます。

セラフビショップは駆け引きのある良いバランス

カードパック第2弾「ダークネス・エボルヴ」で実現したセラフビショップについては、8ターン目に封じられし熾天使を置かせないように相手リーダーの体力にプレッシャーをかけたり、オーディンなどの対策カードを採用したりして対抗できます。

封じられし熾天使で勝つのは最速でも9ターン目で、速くはありません。テミスの審判の連打で逃げ切られると嫌な気分にさせられますが、納得できるバランス調整です。

相手の引きが良いと、割とどうにもならない冥府エルフ、超越ウィッチ

セラフビショップに対して冥府エルフ、超越ウィッチは、速ければ5~7ターン目に、通常でも8~9ターン目には冥府への道次元の超越を発動させてきます。

ここで問題なのは、速さではありません。速いだけならアグロヴァンパイアやアグロロイヤル、御旗ロイヤルなども5~6ターン目には相手のリーダーを倒せる可能性があります。

問題なのは、冥府エルフや超越ウィッチが特殊勝利へどんどん近づいていくときに、それに干渉する手段がほとんどないことです。速攻デッキに対しては除去や守護をうまく使えれば対処できます。しかし、冥府エルフや超越ウィッチのカードの引きがよい場合に取れる手段は非常に限られています。

ゲームバランスが良い、悪い、デッキの勝率以前に、ゲームとしていちばん重要な点、面白いのか、という点がまさに問題です。

冥府エルフ、超越ウィッチが存在し、なおかつ最強クラスのデッキであり、人気もトップクラスに高いので、8ターン目あたりから本領を発揮するコントロールデッキに人権がないのが現在の環境です。

そして「バハムート降臨」

カードパック第3弾「バハムート降臨」において、冥府エルフ、超越ウィッチは遅くなるでしょうか。個人的な予想としては、遅くなるか対策カードが投入されると考えています。

これを書いている2016年12月4日現在、バハムート降臨のカードは11枚公開されています。第3弾の目玉となるバハムートは10コストのニュートラル、新しく登場するギミック「エンハンス」もコントロールデッキで真価を発揮するタイプの仕掛けです。

冥府エルフ、超越ウィッチが今と同じ速度で戦えたり、むしろ今よりも速くなったりした場合、せっかく新パックで投入するカードや仕掛けの多くが、実戦で使うのが難しいものとなってしまいます。

単純に遅くなるパターン

  • 新たなる運命次元の超越のコストが2~4上がる。
  • 新たなる運命の効果が、手札を捨てるのではなく、手札をデッキに戻してシャッフルして引き直すようになる。(墓地がたまらない)
  • 冥府への道の効果が発動するのがターン開始時になる。
  • 冥府への道の効果が、墓地30以上で9ターン目以降なら発動するなど、ターン数に制限が付く。

対策カードが投入されるパターン

  •  このフォロワーもしくはアミュレットが盤面に出ている間は、手札を捨てたプレイヤーは手札を捨てた枚数と同じだけ自分のリーダーがダメージを受けるような効果のカードが登場する。
  • このフォロワーもしくはアミュレットが盤面に出ている間は、お互いのプレイヤーのスペルのコストが2上がるような効果のカードが登場する。

遅いコントロールデッキばかりになるのもゲームとして良くないとして、冥府エルフや超越ウィッチの速度は変わらないのではないかという予想もありますが、9~10ターン目に発動するのが普通になる程度には遅くなるのではないかと予想します。さあ、どうなるでしょうか。